世界最軽量級の自動開閉傘 VERYKAL

VERYKAL(ベリカル)は164グラムの超軽量な自動開閉式折りたたみ傘。自動開閉傘としては世界最軽量級の軽さです。

超軽量な164グラム

一般的な自動開閉傘はおおよそ250グラム-300グラム。従来品に比べ大幅な軽量化に成功しました。

カーボンファイバー

航空機などにも使われる、軽量かつ丈夫な素材のカーボンファイバーを傘フレームに採用しました。

ナノテク超撥水

撥水剤をナノクラスの細かい微粒子に改良することで、繊維の奥深くまで撥水コーティングが浸透し水はじきが持続。


ワンタッチで開閉する自動開閉傘

VERYKAL(ベリカル)はボタン1つで開閉するとても便利な折りたたみ傘。ハンドルのボタンを押せば開き、もう1度押すと閉じます。カバンを持っているとき、クルマの乗り降りにとても便利です。また電車やバスに乗り降りするときも、スピーディーに操作できます。※シャフトの収納は手動です。

重たい自動開閉傘を軽量化

自動開閉傘はワンタッチで開閉できる便利な機能なので、傘骨機構が複雑になり普通の折りたたみ傘と比較すると重くなってしまいます。弊社の調査では、市場に出ている同等サイズの自動開閉傘23品番を調査。重さは約220グラム〜450グラムで、平均284グラムでした。VERYKAL(ベリカル)は自動開閉傘で世界最軽量を目指し約164グラムという軽さを達成しました。

【商品の重さについて】

VERYKAL(ベリカル)は親骨サイズ54cmで、親骨本数は6本となっています。他に最軽量と訴求する商品があると思いますが、その商品のスペックをご確認ください。「親骨サイズ50cm」であったり「親骨本数が5本」であったりする場合があり、サイズが小さめの商品となります。VERYKAL(ベリカル)は親骨サイズ54cm、親骨本数6本の自動開閉傘において、2019年11月時点で最軽量級の軽さです。

徹底した軽量化

①親骨にカーボンファイバーを使用

傘骨の親骨部分にはカーボンファイバーを使用。カーボンファイバーは軽量かつ丈夫な素材として航空機にも使われている、ハイテクな素材です。親骨は3段に折れ曲がる構造になっており、その内の2段にカーボンファイバーを使用しています。

②シャフトは細軸設計に

自動開閉傘の特徴はワンタッチで開くことです。その「傘を開く」動力として、シャフト内部に細長いスプリングが入っています。従来スプリングはある一定の太さが必要でしたが、VERYKAL(ベリカル)では、そのスプリングを細く改良しました。

スプリングを細く改良することで、シャフト全体も細くなり、傘骨全体の重量が軽くなりました。

自動開閉傘のシャフト内スプリング
自動開閉傘のシャフト内スプリング

ベリカルの細軸シャフト
ベリカルの細軸シャフト
当社比 従来式の自動開閉傘シャフト
当社比 従来式の自動開閉傘シャフト

③超軽量15デニール生地

傘生地はストッキングなどにも使われる糸の太さである15デニールという細さの糸で織り上げています。15デニールの糸で作られた生地はとても薄く軽い生地に仕上がります。生地風合いはしなやかかつコシがあり、折りたたみやすい生地となっています。

技術的にはもっと細い10デニールという生地もありますが、やわらかすぎる風合いなので、折りたたみ傘では扱いにくいと判断しました。

ハンドルは適度な丸みがあり持ちやすい

角張っていない小型のハンドルなので、非常に持ちやすく、長時間持っていても疲れにくいです。

ハンドルに若干の丸みがあるので手にフィットします
ハンドルに若干の丸みがあるので手にフィットします
ハンドルをつつむように持つと手が痛くなりにくく、しっかりホールドできる
ハンドルをつつむように持つと手が痛くなりにくく、しっかりホールドできる

ハンドルを小型化することで、軽量になりました

VERYKAL(ベリカル)のハンドル
VERYKAL(ベリカル)のハンドル
一般的な自動開閉傘のハンドル
一般的な自動開閉傘のハンドル

軽いだけじゃない

①風速12m/sでも壊れない

傘は軽さを求めると、ちょっとした風で傘フレームが折れてしまう場合があります。VERYKAL(ベリカル)は丈夫さも追求します。軽くても丈夫でなければなりません。素材の組み合わせやサイズを最適化し、風速12m/sにも耐える傘フレーム構造になっています。

耐風テストは徐々に風速を上げていく試験です。実際の強風時の突発的な風でも耐えることを保証するものではありません。

また台風時は傘自体が風に飛ばされる危険があります。状況により強風時は傘の使用を控えてください。

②500回の開閉耐久テストをクリア

自動開閉傘は構造が複雑です。複雑ゆえに故障も発生しやすいのが自動開閉傘。

VERYKAL(ベリカル)は開閉操作を1分間に6回の速度で500回行い、開閉操作が円滑かどうかを調べ特に異常なしという、第三者検査機関のエビデンスを取得しています。ここまでのエビデンスを開示しているメーカーは少ないです。

③ナノテク強力撥水持続加工 Easy-Dry

強力撥水が長持ちするコーティングがEasy-Dryです。撥水剤をナノクラスの細かい微粒子に改良することで、繊維の奥深くまで撥水コーティングが浸透し剥離しにくくなります。傘生地を人工的に劣化させる洗濯試験を20回繰り返し、その後撥水度を計測。撥水度は90点(100点が最大)という水弾きが良好な結果が出ています。

またEasy-Dryはエコテックス®スタンダード100の認証工場で生産されています。

有害物質による人体への影響や被害をなくすことを目的とした世界的な認証システムで、台湾で生産されています。

Color Variation

Factory

①台湾資本の中国工場で製造

VERYKAL(ベリカル)は台湾資本の中国福建省厦門市にある工場で製造しています。99%日本向けの輸出工場で、デパートや専門店に向けた高品質な商品を製造しています。またスポーツブランドやキャラクターブランドの製造もしており、各ブランドの監査にも合格している優良な工場です。

②老舗工場の高い技術力

台湾で創業してから48年間、ずっと傘を製造している老舗工場。

15デニールという薄くて滑りやすい生地を、品質よく縫える作業員さんや設備を持っている工場はそう多くありません。

③徹底した検品体制

5段階の検品体制を敷いています。

①材料入荷時の検品、②工程途中の検品、③半製品の検品、④完成品の全数検品、⑤完成合格品の抜き取り検品を実施し、不良品を徹底的に排除します。

About us

社会問題になりつつある「傘ごみ」をなくしたい

傘は年間約1億2千万本輸入されています。その内半分の6千万本が使い捨て傘と推計されており、使い捨ての処理については社会問題になりつつあります。傘は分解してリサイクルするのが困難な商品です。

アンベル株式会社では、そんな傘ごみを減らすにはどうすればいいかと真剣に向き合い、商品開発をしています。

 

商品開発のコンセプトとしては、バッグに収納できるサイズの折りたたみ傘であることを念頭においています。折りたたみ傘を常に持ち歩けば、急な雨でも使い捨て傘を購入する必要がありません。ただ重い傘を持ち歩くのはつらいので、できるだけ軽くすることに注力しました。そして無秩序に軽くするのではなく、強度や耐久性も考慮し、長く使える傘を開発しています。

2016年設立のアンブレラ専門メーカー

アンベル株式会社は、傘業界で長い経験を持つ3名が2016年4月に設立した傘のファブレスメーカーです。

私たちは主にセレクトショップやアパレルブランドのOEMを専門としております。今までのノウハウを生かし、世界最軽量級のVERYKAL(ベリカル)を開発しました。

Contact

商品に関するご質問、お問い合わせは下記フォームよりお気軽に投稿ください。

メモ: * は入力必須項目です


”自動折り畳みなのに軽い!これならバッグに入れておけます”

”ワンタッチで開閉できてスマホより軽い——カラフルな折り畳み傘”